ドイツ・ベルリンプラスエネルギーハウス

posted on: author: h-souda category: 省エネ建築

ここから数回に分けて ドイツ国土交通省管轄の ベルリン・プラスエナジーモデルハウスのことを記載していきます

IMG_1210

 

まず、この写真を見てもらって シャープな外観ですよね!

この黒いファサードは実は 太陽光発電パネルなんです!でも 黒だけではありませんよ!!

IMG_1150

 

いろんな 色も柄・模様も付けられる!ということで 2012年のこのベルリンで BAUテックの時に見た時にはインパクトありました。

この一番下の 黒いものが ベルリンモデルハウスの 「外壁太陽光モジュールの正体です!」

この建物は完全に南に向いているわけではありませんが、ガラス面が概ね東南方向、黒いファサードが西南方向ということになります。天井とこの 西南面で 16kwpの太陽光発電モジュールが搭載されていました!

もちろん この東南面の大きなガラス これは日本ではとても考えにくいのですが、60㍉もの ガラスの3層もの。。。

なんと U値(熱の伝わりやすさの表記:小さければ小さいほど断熱性能は良い)は0.8以下

ガラス面なのに、日本の住宅では壁とまではいいませんが、、、それに近い性能があります。残念ながら 日本の開口部・窓の性能は 一番人口の多い地域 関東、中部、関西あたりの一般的な場所に建築されているものですが、なんと2.3〜3.6くらい。

ドイツの窓の 3倍性能が悪くても、日本では高性能と言われています・・・残念で仕方がありません。

さてさて、少しずつではありますが、このように、記載させてもらっていきますね・・・写真を見ながら、ちょっとずつ続く

 


この記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

コメントは受け付けていません。