フライブルクの街並み・・・(古きものも大事に、新しいものはより先進的に)

posted on: author: h-souda category: ブログ・想い / 持続可能な街づくり / 省エネ建築

フライブルクは第2次世界対戦で 例に漏れず空襲で焼けている街です。
しかし郊外に奇跡的に残っている建築物、街があります。

IMGA0110

この建築物は今から110年前後前の建築物で 産業革命後 急激に都市の人口が増加し、
中流階級以上の方が郊外に このような建物を建てて暮らしていたとの事
アール・ヌーボーとかの時期になるようです。
写真で解るか どうか・・・外観からみても 装飾が凄い! いまこんな建築できない!!
っていいたくなるようなものばかり「ふ〜って」ため息が出ちゃうくらいです

で、郊外にいくと・・・
いつも僕らが必ず ドイツ視察では立ち寄る 「ヴォーバン住宅地」があります。


詳しくはWebで確認してくださいませ
この街を見て 僕は人生が変わりました・・・
こんなに考えられているんだ・・・ 
それも市民のみんなで造り上げている街なんだ・・・
なんて 幸せそうなんだ・・・ 
まず 色使いもおしゃれだし・・・
でも それでいて「パッシブハウスレベル」が当たり前に建築されているし・・・
【地域暖房】で熱供給+発電もやっているし。
そもそも 駐車場が無くて、みんなで共同駐車場という考えにも 凄く賛同できました!

でも それを可能にしているのが・・・【路面電車:トラム】 
これが7分に1本くらいのペースで街の中心部と結んでいます。

IMGA0139

街並も奇麗でしょ!
街の中心にこの トラムの軌道がしっかり入っています! 
そして 駅もしっかり3カ所あります(200mくらいの間隔かな)
ですから 街の中心部 もしくは フライブルクの市内どこにでもトラムで十分です!

IMGA0140

しかも軌道の脇には 青々とした芝生が!この緑化の意味も素晴らしい
何しろ 電車が通っていても 音が静かなんです!アスファルトや道路に比べると本当に静か!
これなら夜中でもクレームにならないね!って感じです
まだまだ 魅力は尽きません・・・が ヴォーバン住宅地! 
また6月4日から 「合同視察」がありますので 詳細またその時にもでご報告しますね

最後に おまけ





IMGA0148

本当に 日本人は・・・こんなところにも 鉄っちゃん(撮鉄のおにいちゃん)かとおもいきゃ!
な・なんと 日本エネルギーパス協会 次期代表理事今泉さんと 
日本エネルギー機関(JENA)の中谷代表
おふたりではありませんか・・・
(おふたりにそんな趣味があったなんて・・・)

といいながら この早田も楽しんで何枚に撮りました! 
そのくらい美しいんです! カッコいいんです!
また 皆さんも 是非 一緒にフライブルク行きましょうね!









この記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ

コメントは受け付けていません。